fc2ブログ

「千と千尋の神隠し」「紅の豚」宮崎アニメ/『クラバート 闇の魔法学校』


「千と千尋の神隠し」&「紅の豚」、どちらも【豚】がキーポイントですよねニヤリ

初回の「千と千尋の神隠し」を映画館で子どもと見ましたが、かなりショック

でした凝視

 

誰が作ったかわからない料理をパクパク食べてしまいました、、

千尋のお父さんとお母さんが【豚】になるシーンです。。。

現実を突きつけられた、そんな感じでしょうか !?

 

 

『パンとサーカス』という言葉を知っていますか?

ロケ地は台湾ではなくて、千葉県でしょうか はてなマーク

 

 

 

「千と千尋の神隠し」地上波10回目でも16・3% 宮崎アニメ根強い人気

配信

 

 スタジオジブリの長編アニメ映画「千と千尋の神隠し」が7日、日本

テレビ「金曜ロードショー」(後9・00)で放送され、平均世帯視聴率は

16・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが11日、分かった。

個人視聴率も10・2%で好数字を記録した。
 

01年7月に公開された巨匠・宮崎駿監督の傑作。10歳の少女・千尋を

主人公にしたファンタジーで、03年3月にはアカデミー長編アニメーショ

ン映画賞を受賞した。興行収入は316・8億円を記録し、2020年に公開

した映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」に抜かれるまで、20年近く

日本歴代1位の興行収入を誇っていた。今年2月には初の舞台化を

控えている。
 「2週連続スタジオジブリ」の1回目で、14日には「紅の豚」が放送される。

 

{コメントより}

・大晦日の特番にジブリアニメを数本放送した方が視聴率が取れた

のではないだろうか…。家族で見れるし。

・最後に千尋がなぜ豚たちの中に両親がいない事を言い当てたのか?
こんなのご都合主義だろうと言う人がいますが、そこに明確な答えを

出さない所が宮崎アニメです。
なぜ千尋が言い当てたのかを各々で考えさせる、議論させる、感じとって

もらう、今までの出来事が壮大な伏線でありめちゃくちゃレベルの高い

技法なんですよね。

・訳の分からない大人の事情で放送されなくなった火垂るの墓も復活して

欲しい。子供の頃あの映画からは多くの感情を学んだ。道徳という観点

からもぜひ再考して頂きたい。

・ジブリアニメ楽しいですよね。
ただ千は確かに楽しいですが初めて見た時からこれまでのジブリ作品と

違い何か見終わっあとのスッキリ感が持てませんでしたがやっと最近

その理由が分かりました。なぜ千尋の母親は千尋に冷たい態度なのか、

白の正体は、誰が溺れた千尋を助けてくれたか等など。
自分は全く気づかなかったですが、どれだけの人が宮崎さんのメッセージ

に気づいてるのでしょうか?宮崎さんの本当のメッセージを読み解きながら

見ると大人でも深い意味で楽しめる作品ですね。

・ジブリ全部に言えますが、自分のその時の立場(未成年・成人(独身・既婚)

母親)と変わっていっているので見るたびに新しい感じ方が出来て楽しいです。

火垂るの墓なんて特にそう。子供が見るのと大人が見るのとで全然違って

驚きました。子供が思春期に入ったらまた新しい見方が出来るんだろうなと

楽しみにしています。

 

千と千尋・・・(1000 1000)

2022/&1/7&1/14=6&8&6=20(1 1)
 

 

 

 

 

Twitterコラボ企画として、事前に視聴者から質問を募集

(金曜ロードショー公式サイトより)

代表的なやりとりを挙げると、例えば「千尋はどうやって、最後豚の中に

お父さんとお母さんはいないと見抜いたのですか?」という質問には

「理由は定かではありませんが、ぜひ、宮崎さんが大きな影響を受けた

クラバート』という児童文学を読んでみてください」と回答。『クラバート』

には“12羽のカラスの中から、主人公が変身させられたカラスを見分ける”

というシーンがあり、恐らくそこを指しているものと思われます。

 また、「千尋とハクはその後出会えたのでしょうか?」という質問には、

「ハクは千尋が元住んでいた家の近くを流れる川の主でした。千尋が

その川を訪れることがあれば……」と回答しています。出会えたかどうか

という疑問そのものへの言及は避けつつも、「もしかしたら……いや、

きっと……」という可能性を感じさせてくれる、ステキな回答に心が温かく

なりますね。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

映画の舞台は千葉県東総地区である

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


紅の豚 Wikipediaには

・豚の姿に身をやつしている理由は作中では明らかにされないが、

戦争で友を失った悲しみや国家への幻滅が示唆されている。

・設定では「自分自身に魔法をかけた」とされているが、魔法の

シーンは描かれておらず、登場時点で既に豚人間の姿になっている。

 

 

 

 

 

【紅の豚】 ポルコが豚になった理由は○○だった!

 

 

 

 

 

3月2日からは、橋本環奈上白石萌音のダブルキャストによる舞台版の

公演も決定している。

 

 

 

 

 

千と千尋の神隠し』は、2001年に公開された日本の長編アニメーション映画

原作・脚本・監督は宮崎駿2001年(平成13年)720日日本公開。

興行収入は3168,000万円[2]で、『タイタニック』(1997年)を抜いて

当時の日本歴代興行収入第1位[7]を達成した。

 

2&1&7&2=12(6 6)

3&1&6&8=18(6 6 6)

 

 

2022/3/2~3/29 プレビュー 2/28~3/1

4月 5月月~7月
 

 

2&2&2&3&2=11

 

 

 

 

 

『十二夜』
日程:3月日(日)~30日(月) 会場:日生劇場
作:ウィリアム・シェイクスピア

 

 

3&8=11

 

 

 

 

 

浮浪児という境遇から、仕事を得て、住む場所も食事も保証されることになった

クラバート。しかも魔法を習い、使う立場になりますが、その安定を捨ててでも

自由と愛を手にいれようと、親方と対決することを決意します。

魔法が登場するファンタジーでありながら、本作がやけにリアリティをもっている

のは、クラバートが自分の意思で支配から脱却することを目指しているからでしょう。

彼が住み込みで働くことになる水車場が表すのは、自由のない閉鎖された共同体。

親方の魔法に逆らえるほどの強力な覚醒力が必要だからです。その覚醒力が

「恋の力」であることを知っている親方は、恋をした職人を次々と殺していきました。

実はクラバートが苦労して習得しなければいけない魔法のひとつに「心の奥底

からはぐぐまれる魔法」というものがありました。それは愛する人に対する「心配」

から生まれるものだそう。彼らを支配から救ったのは、お互いを思いやる気持ち

だったのです。

 

 

『クラバート』は児童文学に収まらない名作!あらすじや時代背景などを解説!児童文学と聞くと「子ども向けの本」という印象を受けるかも知れませんが、実は大人が読んでも心に深い余韻を残す名作と呼ばれる作品がたくさんあります。今回紹介する『クラバート』もそのひとつ。『大どろぼうホッツェンプロッツ』で有名なドイツの作家が手掛けたもので、宮崎駿監督が映画「千と千尋の神隠し」を描く際に参考にした物語ともいわれているのです。この記事では、あらすじ…リンクhoncierge.jp


 

 

 

 

 

 

 

 

(Wiki)

クラバート 闇の魔法学校』(原題:Krabat)は、200810月9ドイツ

より公開された映画カナダは同年97に先行公開。

オトフリート・プロイスラーによるドイツ児童文学の名作『クラバート』を巨費

を投じて映画化。ドイツでは観客動員数が110万人を超える。

マルコ・クロイツパイントナー監督・脚本、ダフィット・クロスが主演を担当する。

17世紀ヨーロッパを舞台として、14歳の孤児となった少年クラバートが

黒魔術を習得するための魔法学校の謎に探そう物語を描いたファンタジー作品。

日本では劇場未公開。新宿バルト9で開催された2008年ドイツ映画祭に

は『クラバート 謎の黒魔術』(クラバート なぞのくろまじゅつ)の邦題で

10月311132回限定公開された

 

2&8&1&9&9&7=20&16=36

36&1&1=38・・・3&8=11

1&3&1&1&1&3=10(5 5)(11×5)

10&2=12(6 6)

 

 

"Magick のアングロ・サクソン的 k は、クロウリーの奇抜な表現のほとんど

と同様に、かれの行ったような魔術の種類を示すための手立てである。

Kはアルファベットの11番目の文字であり、11は魔術をあらわす基本的な

数字である。なぜなら11はクリフォト - 魔術を行う前に克服すべき悪魔的

にして混沌とした諸力の地下世界 - の数字とされているからである。

Kには他にも魔術的含意がある。それは創造的エネルギーの力ないし

「シャクティ」的側面に相当する。というのも k は古代エジプト語の khu

すなわち魔術的力なのである。特に、〈大作業〉の特定の局面において

魔術師が用いる棒(すなわち男根)の補完物であるクテイス〔κτείς

(膣)を表している。" 

 

 




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)