fc2ブログ

トンガ大規模噴火・津波/五黄土星の年

 

 

トンガ 詳しい被害は依然不明

共同通信

トンガ停電、通信遮断も 津波80センチ、依然被害不明

共同通信409

 【メルボルン共同】南太平洋の島国トンガ沖で起きた海底火山の大規模

噴火で、発生から一夜明けた16日もけが人の有無などトンガの詳しい被害

状況は明らかになっていない。AP通信などによると、現地では全土で津波

警報が出ており、80センチの津波を観測した。

ニュージーランドのアーダン首相は16日、トンガとの通信手段が遮断され、

被害状況の把握が難しくなっていると明らかにした。停電の情報もある。

 

1&6&8&1&6=22(7&4=11 4&7=11)

 

 

 

1/16 0:15  気象庁は津波警報&注意報を発令

 

1&5&1&3&1=6&5=11

 

 

 

津波警報を切り替えました。

地震の発生時刻2022年01月15日 1310分頃
震源地名南太平洋
緯度・経度・深さ南緯20.3度 西経175.2度 深さ不明
マグニチュードM不明

 

 

2&2&2&1&1&5&1&3&1=18

2&3&1&7&5&2=5&15=20

18&20=38・・・3&8=11

 

 

 

 

各地の津波到達時刻と高さ(1:30)

 

 

 

 

 

各地の津波は通常と異なる 気象庁“潮位の上昇”と説明

国内
 

気象庁は、16日午前2時から会見し、各地で観測された津波は、通常の

地震による津波とは異なり、気圧の影響によって潮位が上がったものと

説明した。

トンガ諸島で起きた火山噴火による日本への津波の影響について、

気象庁は15日午後7時すぎ、「日本では多少の潮位の変化があるものの、

津波による被害の心配はない」としていた。

しかしその後、津波警報と注意報を発表した理由について、「通常の津波

とは異なるが、大きな潮位の変化によって被害が予想されたため、津波

警報の仕組みを使って防災上の呼びかけを行ったものだ」としている。

気象庁・宮岡一樹地震情報企画官「途中の観測点では、大きな津波が

観測されていないにもかかわらず、日本周辺だけ大きくなっています

今回の潮位の上昇は、これまで経験したことがなく、警報や注意報の解除

の見通しは立っていないという。

そのうえで、津波は繰り返し襲ってくるので、警報が解除されるまで、安全

な場所から離れないよう呼びかけている。

 

 

1&6&2&1&5&7=9&13=22(11×2)

 

 

 

 

奄美群島とトカラ列島の津波警報は注意報に 全国で津波、潮位の変化を観測、

引き続き警戒を

 気象庁は午前730分、南太平洋のトンガ諸島の火山噴火に伴い奄美群島

とトカラ列島に発令されていた津波警報を津波注意報に切り替えた。

岩手には引き続き津波警報が発令されている。

 ただ、津波や潮位の変化は全国で観測されており、午前648分に、宮崎港

70センチの津波を観測し潮位は上昇中、宮城県の石巻港では午前72

50センチ、東京都宅島の阿古でも午前66分に50センチの津波を観測。

いずれも潮位は上昇中だという。

 また、長崎でも午前6時4分に30センチ、岩手県の大船渡でも午前635

に30センチの津波を観測している。

 火山噴火による津波は長時間にわたり続くこともあり、引き続き警戒が必要

で、中田節也・東大名誉教授(火山学)は「しばらくは海岸に近づかないという

注意が必要」「波が何波も、非常に短い間に来ることもありうる」と話している。

ABEMA NEWS)

 

 

7&3=9

6&4&8&7&7&2&5&6&6&5=19&14&17=90

6&4&3&6&3&5&3=13&17=30

9&90&30=129・・・1&2&9=12(6 6)

三&12=15・・・1&5=6

 

 

 

 

トンガ沖の火山噴火「この規模の噴火は世界でも100年に1度あるかないか」

専門家解説   国内

 

南太平洋のトンガ諸島で起きた大規模な火山噴火の影響で、列島各地

で津波が発生しています。
地震と火山を研究している鹿児島大学の井村隆介准教授の解説です。


(トンガ沖の火山が噴火したときの衛星からの映像と画像から何が感じられる?)

この噴煙の広がっている広さが、関東地方一円に広がるくらいの大きさ

の噴火なんです。

この規模の噴火というのは、世界でも100年に1回あるかないかというような、

非常に大きな噴火です。

この火山灰の雲の下で何が起こっているのかというのが、トンガからの情報

がなかなかないということで、まったくわからない状況なんですよね。

輪っかが広がっていますが、これは大きな空振ですね。これが日本にも

気圧の変化として伝わったということになるかと思います。

(空振というのは、噴煙とともに空気が揺れ動くような、そのような広さが

関東一円ほどで、ものすごく巨大だということ?)

そうですね。百数年前のインドネシアのクラカタウの噴火でも、そういう

ものが世界中を通ったってことが観測されています。

(井村准教授にとっても経験のないこと?)

そうですね。この規模の噴火っていうのは、本当に100年に1回あるかない

かっていうことなので、始めてです。

(海外での海底火山の噴火による影響で、潮位の上昇が日本沿岸に及ぶ

というケースは過去にあった?)

インドネシアのクラカタウの時には、若干あったんじゃないかなと思います。

だけど、1883年のことなので、ちょっとわからない部分もあります。

今回のものは、気圧の変化だっていう話になってるんですけれども、トンガを

襲っている津波の映像を見ると、普通の津波の映像なんですよね。

何波もやってきて、だから地震で起こる津波のメカニズムとは違ってやって

来ただけであって、昔から日本では、その潮位が急激に変化することは

津波という、原因関係なしに言ってたわけですから、これはやっぱり津波と

して考えないといけなくて。

私たちが津波の発生原因として、地震以外に、火山の噴火でこういうメカ

ニズムがあるんだということをこれから先、もっと解析して研究していかな

ければいけないことだと思うんですけれども、どういうメカニズムで発生した

のかっていうのを、今後はちゃんと知る必要があると思います。

(津波は、地殻変動などの運動エネルギーが波に乗って、その波自体が

すごいエネルギーを持っている。気圧の変動によって潮位が上がるのは

もう1つ、高潮があるが、高潮に近いようなもので、たまたま津波の警戒

システムがあるのでそれを使ったというだけで、これは、実態は高潮という

理解でもよい? それはまた違う?)

僕は違うと思い違います。
高潮というか、今回の空振で見られていた気圧の変化というのは、数hPa

くらいですので、そうなってくると、海面の変化っていうのも数センチ

なんですよ。

それからすると、やはり数センチという形で日本全国に来てますし、あと

高潮の場合は、そういう気圧の変化プラス、その風による吹き寄せの効果

ですね、それが非常に大きいので、それからすると、今回のものはトンガの

あたりを襲っている津波の映像を見ても、やはり地殻の変動というか、海面

を動かす何かがあったんだと思います。

ただ、火山の場合ですね、山体崩壊が起こったり、あるいは海底で大きな爆発

が起こったり、あるいはカルデラ、大きな噴火が起こって陥没が起こったりして

地形が変わることによって海面が動くというようなことがあるんですけれども、

そのどれかも、今の状況ではわからないですよね、

津波の発生としては、断層だと大きな面積を持っていますけれども、火山の

噴火だと、ほとんど点から始まるので、普通のシミュレーションでは多分、

きかないですよ。
そういう意味で、うまくいかなかった部分があるのかなと思っています。

(では、波自体にやはり運動エネルギーがあるということで、非常に気をつけ

なければいけないということは津波と一緒?)

そうですね、同じように注意をしていただければいいかなと思います。


 

1&1&1&1&1&8&8&3=4&20=24・・・2&4=6

十&十=20

24&20=44(11×4)

 

 

 

トンガ近くにある火山島フンガトンガ・フンガハアパイで再び大規模な噴火

が発生しました。噴煙は上空15000mを超えたとみられ、昨日を上回る規模

です。気象衛星ひまわり8号の可視画像では、灰色の噴煙が徐々に拡大

していく様子がはっきりと捉えられています。


トンガに津波警報が発表されました

 

 

 

 

【速報】気象庁 津波注意報すべて解除「これ以上潮位変化が高くなる

可能性は、小さくなっている」

配信

 


 

2&2&1&5&2=12(6 6)

十&十=0=20(1 1)

 

 

 

 

4日早朝に震度5強の地震 津波の有無情報まで発生時間から約8分

かかったと明らかに 気象庁

2022年01月04日 13:38

👆

午前時すぎ

5&8=13・・・8&13=22

気象庁は、今日早朝の小笠原諸島の地震で、津波に関する情報が

出るまでに約8分かかったことを明らかにした。

【映像】気象庁の会見の様子

 気象庁によると、今回の地震では、発生場所が島しょ部で、地震計

の少ない地域だったため、津波の有無の情報が出るまでに発生時間

から約8分かかったという。気象庁は、揺れの大きかった海岸近くなど

に住む人は、津波情報を待つことなく、高台など安全な場所に避難する

ことを呼びかけている。(ANNニュース)


 

16(8 8)

22&16=38・・・3&8=11

 

 

 

 

■2022年1月に注意すべきこと「壬寅(みずのえのとら)」の年

 ここからは、2022年1月における“国内外共通の注意事項”を解説していきます。

●五黄土星の年は災害が起きやすい!?

 2022年は「壬寅(みずのえのとら)」の年になります。星気学だと黄土星

の年です。まず、五黄土星の年は災害や大きな事件が多いと言われていて、

第一次世界大戦が勃発した1914年、関東大震災が発生した1923年、

太平洋戦争が始まった1941年、朝鮮戦争が始まった1950年、伊勢湾台風

あった1959年、十勝沖地震が起きた1968年、有珠山が噴火した1977年、

チェルノブイリ原子力発電所事故が発生した1986年、阪神・淡路大震災

地下鉄サリン事件が起きた1995年、新潟県中越地震やスマトラ島沖大地震

があった2004年はすべて五黄土星の年です。

そのため、2022年も気をつけておくべきなのです。

●水のトラブルに特に注意

 一方、「壬寅(みずのえのとら)」の「壬(みずのえ)」は水や川を表すので、

大雨や大雪、土砂崩れ、雪崩、洪水、氾濫、津波といった水に関わる災害や、

そのほかの水害、水のトラブルや事故、事件にも注意が必要。逆に、雨が

まったく降らない、水不足が問題になる可能性もあります。また、水の権利を

争ったり、領海の問題が起きたり、深海で何かが発見されたり、海底火山が

噴火したりということも。オイルタンカーの事故で石油が漏れるといった船の

事故、トラブルや、そのほか石油問題、海洋汚染の問題も出やすくなります。

また、船繋がりで宇宙船やUFOの話題や、宇宙に関わる問題、ニュースも

出やすいです。宇宙での新発見など、ほかにもNASAから何か重大発表ある

かもしれない年となります。

 

2&2&2&九&五=6&14=20(1 1)

 

1&9&1&4&1&9&2&3&1&9&4&1&1&9&5=15&15&15&15=60

1&9&5&9&1&9&6&8&1&9&7&7&1&9&8&6=24&24&24&24=96

1&9&9&5&2&4=24&6=30

2&2&2=6

60&96&30&6=192・・・1&9&2=12(6 6)


 

(Wiki)

五黄土星(ごおうどせい)とは、占いに用いられる九星の一つ。

後天定位盤において中央に位置し、九星の中で特別の意味をもつ。

他の8つ星を支配する強力な星。同じ土性をもつ二黒土星,八白土星

と比べても土気は強い。

九星では土に属するものには他に二黒土星と八白土星があるが、

五黄土星は、土としては砂漠や荒野、墓場の土、土砂崩れの土、

地球そのものなどを表し、破壊力や腐敗させる力があるという。

その象意を見ても、あまり歓迎したくないものや極端なものがほとんど

であるし、方位に関しても五黄が配当される方位は「五黄殺」、その

反対側は「暗剣殺」といっていずれも凶方位とされるが、この星の

生まれの人は運気は強いとされる。

また、五黄の寅年生まれは、五黄の寅といって気が強いと言われる。

西暦年を9で割って6余る年が五黄土星の年となる。

このうち※印を付けた年は寅年と重なる「五黄の寅」で、36年周期である。

 1950年※ -1986年※ -2022年※ -2058年

 

 

ガル: gal、記号:Gal)は、CGS単位系における加速度単位である。

gal という名称はガリレオ・ガリレイ (Galileo Galilei)にちなむ[1]

国際単位系においては認められていない非SI単位である。ただし、

日本の計量法は地震動などの計量に限定してその使用を認めている[2]

1 Gal = 0.01 m/s2 = 1 cm/s2 である。

 

 

 

ヘブライ語で波のことをガルという。その意味を含むガリラヤは"波打った"

と いう形容詞である。

イエスはガリラヤ湖の湖上を弟子たちと渡り、激しい突風に襲われ、弟子

たちは恐れおののく。

イエスはガリラヤ湖の嵐を通して、さらなる大嵐が自分の身にやってくる

のを感じていた。弟子たちは目の前の恐れに身を震わせるばかりであった。

<イエスは起き上がって、風を叱り、湖に、「黙れ、静まれ」と言われた。

すると風はやみ、すっかり凪になった。>マルコによる福音書4-39


 

  


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)