fc2ブログ

コロナワクチン接種後死亡疑い報告 3回目2件を含め1444件


コロナワクチン接種後死亡疑い報告 3回目2件を含め1444件

【新型コロナ第6波をどう過ごすか】

配信

3回目の新型コロナワクチン接種を受ける男性(C)共同通信社

【新型コロナ第6波をどう過ごすか】  厚労省は21日、新型コロナワクチン

接種と副反応との関連性を議論する専門部会を開催した。

 2021年2月17日の予防接種開始から2022年1月2日までに新型コロナ

ワクチン接種後の死亡疑いとして1438件(ファイザー社製1372件=うち

3回目1件、モデルナ社製65件、アストラゼネカ社製1件)が報告された。

また、2022年1月3日から1月14日までに医療機関または製造販売業者

から死亡疑いとして報告された件数は6件(ファイザー社製5件、モデルナ

社製1件=うち3回目1件、アストラゼネカ社製0件)だった。

 

 この結果、2021年2月17日から2022年1月14日までに計1444件の死亡

疑いが報告されたこととなる。

 

 2021年12月24日開催の同専門部会には同年2月17日から12月17日

までに計1431件のワクチン接種後死亡疑いが報告された。約1カ月で13件

増えた。  

ちなみに、ファイザー社製の2021年2月17日から2022年1月2日までの接種

回数別死亡疑い報告頻度は1回目が100万回当たり8.7件、2回目が同6.7件、

3回目は同1.9件、接種回数不明を含めた全体では同8.2回だった。

 モデルナ社製は接種開始日の2021年5月22日から2022年1月2日までの

接種回数別の死亡疑い報告頻度は1回目が同1.6件、2回目が同2.1件、

3回目は接種なしで同0件。接種回数不明を含めた全体では同2.0件だった。

 アストラゼネカ社製は接種開始日の2021年8月3日から2022年1月2日まで

の接種回数別死亡疑い報告頻度は1回目が死亡疑い報告0件で、2回目は

同17.4件、接種回数不明を含めた全体は同8.7件だった。

 専門部会では2022年1月2日までに報告された1438件の死亡とワクチン

接種との関連についてα(ワクチンと死亡との因果関係が否定できないもの)、

β(ワクチンと死亡との因果関係が認められないもの)、γ(情報不足等により

ワクチンと死亡の因果関係が評価できないもの)と評価している。

その結果は以下の通り。

▼ファイザー社製(α=0件、β=9件、γ=1363件)

▼モデルナ社製(α=0件、β=1件、γ=64件)

▼アストラゼネカ社製(α=0件、β=0件、γ=1件)

 なお、3回目にファイザー社製を2021年12月16日に接種後に亡くなったのは

57歳の女性。家族から亡くなった旨の連絡を受けただけで詳細は不明。

予診票での留意点はなかった。警察案件だったため、医療機関も遺族から

詳細は聞けなかったという。

 70歳男性は、3回目にモデルナ社製を2021年12月20日に接種し、8日後に

亡くなった。予診票での留意点はなく、既往歴、内服薬なし。朝起きてこない

ことから、自室を家族が訪ねると、鍵がかかっており反応がないため救急要請。

ベッドで心肺停止状態で発見された。死亡時画像診断では死因につながる

異常は見られなかった。

 ちなみに、医療機関からの副反応疑い報告においては12日時点で

ファイザー社製の3回目接種回数は531296回。うち147件(男性24件、

女性123件)の副反応疑いが報告され、9件(男性1人、女性8人)は重篤報告

だった。5歳刻みの年齢区分での副反応疑いの報告件数で2桁以上だった

のは2559歳。重篤報告数は3539歳(1人)、4549歳(3人)、

50~54歳(2人)、5559歳(3人)だった。

 この日の会合で専門部会は「現時点においては、3回目接種後の事例も含め、

引き続きワクチンの接種体制に影響を与える重大な懸念は認められない」とした。

【関連記事】

開始から10カ月…ワクチン接種後死亡1431件と厚労省が報告

ワクチン接種後の報告多数 注意すべき「胸痛」を見逃してはいけない

・ワクチン接種とも関係あり?コロナ禍で「帯状疱疹」が増加している

新型コロナワクチン副反応を徹底検証【血圧上昇】命に関わる脳

・心臓疾患につながる危険あり

コロナワクチン接種後の「目」の副反応 視神経炎の報告あり

最終更新:
コロナワクチン&接種後死亡疑い報告 3回目2件を含め1444件【新型コロナ第6波をどう過ごすか】

5&2&2&5&5&9=7&21=28

32&21&28=81

3&5&3&9&4&5&4&9&5&5&4&5&5&5&9=20&22&14&24=80

81&80&3=164・・・1&6&4=11

 

 

 

 

 

 

3回目接種後に2人死亡、因果関係「評価できない」…厚労省が公表

配信

 

厚生労働省は21日、新型コロナウイルスワクチンの回目の追加接種後

人が死亡したと公表した。米ファイザー製と米モデルナ製を接種した

人で、回目接種後の死亡例の公表は初めて。

また、ファイザー製の回目接種が計約53万回行われた日までに、

副反応が疑われる症状の報告は計157件あった。この割合もこれまでと

大きな変化はなく、同部会は、現時点で接種の継続に「重大な懸念は

認められない」とした。

最終更新:
12&27&27=66

 

 

小学生過半数が接種希望 保護者は7割超 コロナワクチン

配信

 

 

5&5&5&6=21

7&1&7&6=21

42(21 21)・・・4&2=6
 

 

 

 コロナワクチン、5-11歳の接種開始へ…厚労省が特例承認

2022.1.21 Fri 11:05

 

 厚生労働省は2022121日、511歳の子供に接種できる

ファイザー製の新型コロナウイルスワクチン「コミナティ筋注511歳用」

について、特例承認を行ったと発表した。

生活・健康 小学生

厚生労働省は2022年1月21日、5~11歳の子供に接種できるファイザー製

の新型コロナウイルスワクチン「コミナティ筋注5~11歳用」について、特例

承認を行ったと発表した。

 日本における製造販売に関して、医薬品医療機器等法第14条の3に基づく

特例承認を取得したのは、5~11歳用の新型コロナウイルスワクチン

「コミナティ筋注5~11歳用」。

一般名は「コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン(SARS-CoV-2)」。
 接種対象者は5歳以上11歳以下。1回0.2mLを合計2回、通常、3週間の

間隔で筋肉内に接種する。

 日本における新型コロナワクチンの接種は現在、ファイザー社、武田

/モデルナ社いずれも12歳以上が対象となっている。両社の新型コロナ

ワクチンは、海外では生後6か月~11歳を対象に臨床試験を実施し、

このうちファイザー社のワクチンはアメリカで5~11歳への接種を開始。

日本でも20211110日に薬事承認申請していた。

 特例承認を取得したファイザーR&D合同会社の石橋太郎社長は

「5~11歳の小児製剤『コミナティ筋注5~11歳用』が日本でも承認された

ことをうれしく思う。ワクチンを接種できる年齢が5~11歳まで広がり、

より多くの人を新型コロナウイルス感染症から守れるようにすることは、

2年近く続いているパンデミックに対処するために重要なことだと考えて

いる」とコメントしている。

 《奥山直美》

 

2&2&2&1&2&1&5&1&1&5&1&1=10&7&7=24・・・2&4=6

2&2&1&1&1&1=8

10&8=18(6 6 6)

 

 

 

(Wiki)

2021年2月5日、アストラゼネカが厚生労働省に承認申請を行った。

2021年2月12日、ファイザー製のコロナワクチンである「コミナティ」の特例

承認が了承され、2021年2月14日に正式に特例承認された[104][105]。なお、

当該ワクチンの法令上の名称は「コロナウイルス修飾ウリジンRNAワクチン

(SARS-CoV-2)」である。

2021年3月5日、モデルナのワクチンについて、日本での窓口企業の

武田薬品工業が厚生労働省に承認申請を行った。

2021年5月20日、アストラゼネカのコロナワクチンである「バキスゼブリア」と

モデルナのコロナワクチンである「COVID-19ワクチンモデルナ」(後に

「スパイクバックス」へ名称変更)の特例承認が了承され、2021年5月21日に

正式に特例承認された[108][109]

 

アストラゼネカ

2&2&1&2&5&2&2&1&5&2=12&12=24・・・6(3 3)

ファイザー

2&2&1&2&1&2&2&2&1&2&1&4=10&12=22(11×2)・・・2&2=4

モデルナ

2&2&1&3&5&2&2&1&5&2=13&13=26・・8(4 4)

 

6&4&8=18(6 6 6)

 

 

 

「オミクロン株」は、いつ頃、どこで見つかった変異株ですか?

オミクロン株の最初の報告は、2021年11月24日、南アフリカからの報告でした。

2021年11月7日からボツワナに滞在中の外交官4名が1111日に帰国の

ための検査を受けたところ、新型コロナウイルス陽性となりました。そして

この検体がゲノム解析により変異株であることが判明し、南アフリカのチーム

から国際社会に B. 1. 1. 529変異株 として報告されました。

その後20211126日にWHOが緊急会議を開催し、このB. 1. 1. 529変異株を、

「懸念すべき変異株(VOC:variant of concern)」と認定し、「オミクロン()」

と名付けました。

 

 

2&2&1&1&1&2&6&1&1&5&2&9=15&18=33(11×3)

V(22)O(15)C=40&o(15)=55(11×5)

 

 

 

 

この強力だけれども発現したタンパク質だけをターゲットとする抗体の増加は、
本来私達を守る自然抗体の減少を招き(人体抗体環境は過度な抗体増強や
抗体依存を防ぐために100%を越えない)、自然抗体の減少は免疫低下を導き、
疾病や発癌を促進させてしまいます。
接種した日~推定約20年間は、免疫力が落ちます(風疹ウイルスの抗体は
約30年と言う既存データ)から、突然死や急性白血病等の発病が考えられます。
この様な危険な遺伝子薬を使用してはいけません。過去この様な組換えは
非人道的で禁止されていました。どんなに技術が進んでも解明しにくい遺伝子
の分野の話なのです。
このファイザーコミナティの修飾ウリジンは、安定を司るウラシル塩基を遺伝子
の糖(リボース)に通常のN(窒素)ではなく、C(炭素)を繋げ、立体虚像(3次元
構造組換え)を造り、強化(修飾)してあります。この逆ウリジンは、壊れないため
非常に危険です。血管疾患も誘発します。即刻中止すべきです。
何故、この様な薬剤が「ワクチン」とされたのかは、一般医薬品は審査が厳しく
期間がかかる為、ワクチンとする事により、FDAの審査を受けずに済む様に
EUAに則り「治験ワクチンであり、代替品が無いので緊急使用を承認」し、
アメリカFDAは「審査していないのでFDA認可ではないが、EUAで緊急使用
を承認した事を承認する」としたのです。おかしな話です。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)